読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗四方山話(ふうぞくよもやまばなし)

風俗のお話や日常の日記等

韓国のエスコートアガシに関して その2

前回からの続きです

さて、韓国アガシとの疑似恋愛の話ですが、まー勿論アガシによっては態度も違うとは

思いますが、いい子に当たれば本当によく世話をしてくれるイメージです。

食事の時も、ホテルでもすごく身の回りの世話をしてくれます。

そんな献身的なアガシの姿を見ると、だんだん勘違いしてきます。

『あれ?この子・・ひょっとして・・俺のこと・・好き・・?』

はい、これ思った瞬間、貴方は韓国エスコートアガシにハマった証拠ですw

でもそう思わせるくらいアガシは最高の接待をしてくれます。

一緒に食事したりカラオケしたり。

異国の雰囲気でさらに開放的になり、自然とアガシが好きになるんでしょうね。

それからホテルで一夜。

そりゃー燃えますわwwww

風俗で言うところの、『一発ヌク!』とか『すっきりする!』『エッチする!』

そんな低俗の表現でなく、『抱く』こんなイメージに近いですかねw

ホテルでアガシと愛し合う。

気に入ったら翌日も一緒に居ることが出来ます。

お昼からアガシと韓国の街でデート。

これがまた結構面白いんですよ。

韓国語出来なくてもアガシが通訳してくれるので、ガンガン韓国の街を散策できます。

一緒にアガシの好きなお店に行ったり、屋台で食べたり。

もう、本当の彼女みたいに思えてきます。

そしてデートして晩御飯食べて・・。

またホテルで愛し合う。

その後のお別れ。

これが本当に寂しいww

たぶん帰国の飛行機内で、絶対にぽっかり穴が空いた状態になることでしょうw

そして帰国後こう思うのです。

『また韓国行きたい・・』

是非お隣の国韓国に行ってアガシと遊んでみて下さい。

agashi-guide.com

 

 

韓国のエスコートアガシに関して その1

風俗 韓国エスコートアガシ

だんだん春らしくなってきましたね。

さてさて、人は暖かくなると性欲が増すものです。

春になると少しムラムラしてきますよね 笑

さて今日はお隣の国韓国の、エスコートアガシについてお話したいと思います。

皆さんエスコートアガシって聞いたことありますか?

知らない人の為にお話しますね。

まず『アガシ』ですが、韓国語で『若い女性』の意味です。

日本語だと『おねーさん、おねーさん』みたいな使い方でしょうか。

後は意味わかりますね?

韓国の若い女性が付き添ってサービスするシステムの事です。

これね、結構はまるんですよ 笑

なににはまるかって、恋人気分を味わえる!

これにつきます。

勿論、お金での割り切った関係なのですが、そうとわかってても・・。

あれってやはり韓国女性の性格というか、情熱というか、日本人女性にないものを感じますよね。

流れはこうです。

まずホームページを探して、韓国の業者にメールかLINEで問合せします。

問題なければそのまま予約します。

殆どの業者の方は日本語完璧話せるので問題はないです。

今はLINEあるから本当便利ですよね。

以前は国際電話しないといけないので料金もかかってたのですが、今は無料(笑

韓国に到着したら空港まで迎えに来てくれてるので、そこで業者さんと合流。

ここで注意なんですが、空港はぼったくりタクシー沢山居ますので、慣れてない方は自

力で市内に行こう!等と思わないほうがいいかもです。

その後ホテルにチェックインして、待ち合わせ場所でアガシたちと会います。

勿論業者さんが一緒にいるので心配ないです。

事前に連絡しあって、ある程度好みのタイプ等伝えてるので、それにあった女性を業者

さんが数人つれてきます。

チェンジもOKです。

気に入ったアガシが入ればそこからスタート!

一緒に食事したり、カラオケ行ったり。

要は普通のデートなんですよ。

最初は『どうせ割り切った関係だし・・』とクールに装うのですが、アガシの態度

見てるとだんだんこう思ってきます。

『あれ?この子俺のこと結構好き?』それくらいべったりイチャイチャなのですよ(笑

焼肉食べるときも、あれこれ世話を焼いてくれます。

あーんして・・。

なんて恥ずかしいけど以外にときめいたりします。

この辺が日本の風俗との違いですかね~。

本当の彼女のように接してくれます。

話がながくなるので続きは次回乞うご期待!!

韓国 エスコートアガシ

 

 

 

M性感のお話。

風俗 M性感

初の書き込みはM性感のお話。

皆さんの性的な属性ってなにですか?

って急に言っても意味わかりませんよね?

簡単に言えば、SとかMって話です。

皆色々性癖があります。

基本的に皆SもMも両方持ち合わせてると言われますが、やはりどちらかが強いわけです。

よく聞きませんか?

『俺って絶対Sなんだよね~』的な発言。

自分もその口でしたが、色々経験すると『俺ってどっちかというとMなのかな・・』

なんて思うこともあります 笑

若い時は一人エッチに始まり、色々経験すると今までに快感や経験を求めるものです。

勿論素人女性に色々求めても趣味が合えばいいのですが、合わなければ欲望を満たすことは出来ません。

そんな時は風俗です!

まーM男性の場合だとある程度絞られてきますが、カテゴリー的にはSMかM性感になるでしょう。

まーざっくり分けましたがこんな感じでしょうか?

やはりMの頂点はSMでしょうか?

女王様にお使えするアレですよね。

この辺にくると、もう精神とか脳とかそんな世界なのでしょうか?

女王様に使える奴隷。

そのヒエラルキーでの性の解放。

まーその領域にはなかなか達することは出来ませんね 笑

一番身近で遊べるのはやはりM性感でしょう。

痛い怖い等なく、皆が遊び感覚で抜けます。

お店によっては、SMクラブ寄りのM性感店もあれば、デリヘル寄りのM性感もあります。
口でのフィニッシュの有無で見分けるといいかもですね。

経験の無い方でも意外にはまるらしいですよ。

女性に主導権取られるとダメーとか言ってる人!一度経験してみたらいかがでしょうか?

そういう人に限ってハマるらしいですよ 笑

最近は20代の若者も結構多いらしいですよ。

そんな若い内にディープな世界覗いたら帰ってこれなくなるんじゃないかと心配です 笑

自分は以前、そこまでのMじゃありませんが一度女王様に緊縛されて吊るされたこと有ります。

あれって見た目は凄い痛そうですが、以外に痛くない。

むしろ終わって縄解いたときの血流の戻り?

なんか温泉入ったみたいになった記憶があります。

もちろん危険なプレイなので技術の無い女王様だと痛かったりするんでしょうけどね。

まーM性感は入りやすいフェティッシュな世界なので誰でも一度は経験してみる価値はあるでしょうね。

五反田 M性感